06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ねこ

Author:ねこ
朝も昼も夜も食べ物のことだけ考えて生きています。同じく食べ物のことしか考えていない夫(現在フィルムの現像に夢中)と東京の下町あたりでたのしく生活中。


※当ブログに掲載の記事・文章・写真など無断転載を禁止します。

新しい記事

カテゴリ

昔の記事

検索


*2013年6月1日より*


スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【ご報告】出産いたしました

2016.05.07 19:00|育児
P5070064.jpg
4月27日に、無事に男の子を出産いたしました。
予定より3ヶ月以上早い出産となりましたが、母子ともに、
特に息子は、ものすごい小さいのですが、いまのところはとても元気です。

26週しかおなかの中で一緒に過ごすことはできなかったけれど、
いま、この時間を一生懸命に生きている息子を見ていると、
後悔とか、罪悪感とか、申し訳なさとか、そういう気持ちはもちろんあるのですが、
なによりも、本当に愛おしくてかわいくて、こんなにかけがえのない存在がこの世にあったのかーと、
生まれてきてくれてありがとう、という気持ちでいっぱいになります。

急なことでたくさんの人に迷惑や心配をかけてしまいましたが、
様々な面で支えてもらったおかげで、すっかり元気になりました。

特に夫には、何からお礼を言ったらいいのか分からないくらいで。
私のことも息子のことも、一気にあれこれ背負わせてしまったというのに、
全然そんな様子も一切感じられないくらいにいつも通りの様子で、
後ろむきになりそうな時も、2人で話して現実と向き合うことができたし、
どんなことがあってもずっと付き添ってもらえて、どれだけ心強かったことか。
この人と結婚して、家族を持てて本当によかったなーと、改めて実感しました。

いま私にできることは、息子が少しでも大きくなるために、母乳を出して、届けることだけです。
本当は、自分の身がどうなろうとも、どんなことだってやってあげたいのですが、
今のところは、それくらいしかないみたいです。

お腹から出てきてしまったからには、もう、しょうがない。
息子と、先生と、NICUの皆さんと、現代医療を信じて、
母は体にいいものを食べて、飲んで、
少しでもいい状態の母乳を届けてあげられるように、一生懸命頑張りますよ。

もう少し先になると思いますが、息子が無事に退院できることを楽しみにして、
涙はその日まで流さずに大事に取っておきたいと思っています。

無理せず、元気に、頑張りますね。
みなさんにも、見守っていただけるとうれしいです。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。