07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ねこ

Author:ねこ
朝も昼も夜も食べ物のことだけ考えて生きています。同じく食べ物のことしか考えていない夫(現在フィルムの現像に夢中)と東京の下町あたりでたのしく生活中。


※当ブログに掲載の記事・文章・写真など無断転載を禁止します。

新しい記事

カテゴリ

昔の記事

検索


*2013年6月1日より*


スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



きたあかりのポタージュ

2012.08.13 19:59|朝ごはん
P8111343.jpg
・きたあかりのポタージュ

ブルーベリー狩りに行ったときに、農園の方からいただいた
おいしいきたあかりで、ポタージュをつくりました。

たまねぎ(半玉)をバター(10グラムくらい、ちょっと多め)でしんなりするまで炒めたら
うすくきったじゃがいも(握りこぶしくらいの大きさ1つ)も一緒に炒め、
じゃがいもが透きとおってきたら水(150ccくらい)とコンソメ(1つ)をいれて
ぐつぐつ煮る。
じゃがいもが柔らかくなったらミキサーにかけてペースト状にして、
鍋に移して豆乳(牛乳でもよいとおもう)で好きなとろみになるまでのばして、
塩こしょうで味を整えて、盛りつける。

付け合せはかりっかりに焼いたバゲットです。
クルトンみたいでおいしかったです。

とてもやさしい味なんです。染みわたるわー。
スポンサーサイト



イケアのホットドッグ

2012.08.13 12:44|外ごはん
P8121390.jpg
・ホットドッグ
・サルサドッグ
・のみもの

イケアに行ってきました。意外と家から近いのです。
今まで乗り換えにことごとく失敗して、1時間くらいかけていっていたのですが。
スムーズに乗り換えてスマートに移動すると20分ちょいでいけました。
なんだったんだろう、今までの苦労。。

おなかもとってもすいていたので、ホットドッグを2つも食べてしまいました。
かりかりしたものやピクルスをのっけて、ああおいしい。
のみものはお茶がなかったので、炭酸のふしぎなのみものを少々。

目の前のジュースサーバーで人々がどんどんのみものをこぼしていくのです。
ばしゃ!っとだったり、ちょろ…だったり。
店員さんが気づいて拭いた途端に、またびしゃ!っと。
私だったらいらいらしてしまいそうなのに、そのつど拭いてる店員さん。
なんてすばらしいんだろう。

特に買うものもないので、ホットドッグ食べて、だんなの友人の引越し用の家具を
なんとなく勝手に視察しに行っただけなのですが。
変なタペストリーが90%オフだったり、かわいい鳥のナプキンを見つけたり
バスマットを買ったり、なんだかんだでたくさん買い物をしてしまいました。

変なタペストリーのおかげで、家のトイレがとても楽しくなりました。
イケア、たのしいです。

イケアって、どこかの国ではアイケアっていうらしいですよ。
きんじょうが言ってました。ほんとかしら?


フレッシュブルーベリーのジャム

2012.08.13 07:18|あれこれ手作り
P8041075.jpg
先週土曜日に、ブルーベリー狩りにご招待してもらいました。
朝4時半に起きて、5時の電車に乗って、と
ちょっと朝早かったのですが、とても楽しかったです!

農園には3種類のブルーベリーが所狭しと大量に植えられていました。
酸味の強いものや、甘くて香りの強いもの、いろいろな種類があるんですねー。
つみたてのブルーベリーのフレッシュさにテンションあがりっぱなしです。



P8041073.jpg
味見しながら摘み取る作業はおもったよりも熱中してしまい、
気づいたら2キロも収穫しておりました。
ブルーベリーマジックですね、こりゃ。



P8041114.jpg
家に帰って、冷静に2キロのブルーベリーと対峙してみると
なかなかの迫力と、早朝からの作業の疲れで、なにも考えられません…。
とりあえずジャムにして、あとは…あとでかんがえよう…ううう。



P8081253.jpg
とりあえず1キロ使ってジャムを作ってみました。
うーんおいしそう!!たくさんできたからいろいろおすそ分けしたいとおもいます!

残ったブルーベリーはベーグル生地にまぜたり、ソースにしたり、
冷凍してお菓子に入れたり、いろいろ楽しんでみようとおもいます。

いやー、本当にたのしかったです!!ブルーベリー狩り!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。